年間行事のご案内

1月1日〜1月3日 だるま市 8:00〜17:00
1月3日  お焚き上げ 11:00(11時までに古達磨、お札をお持ち下さい。)
2月3日  節分会(豆まき) 15:00〜
2月15日  涅槃会
3月11日  東日本大震災追悼供養 10:00〜(本堂にて 参加自由)
3月  春彼岸入
3月20日  春彼岸法要 10:00〜(本堂にて)
4月8日  降誕会(花まつり) 10:00〜
5月15日 開山忌 10:00〜
5月15日  大施食会 法話 14:00〜 大法要 15:00〜
9月19日  秋彼岸入り 9月23日~
9月  秋彼岸法要 9月23日
10月5日  達磨忌 9:00〜
12月1日〜12月8日 臘八接心 朝6時〜 坐禅自由参加(定員30名)
12月8日  成道会
12月8日  針供養 11:00~
12月31日 除夜の鐘 23:00〜
(当日は混雑が予想されますのでお早めにお並び下さい。)

涅槃会とは?
陰暦2月15日は、お釈迦様がお亡くなりになられた日で、お釈迦様の遺徳追慕と報恩のための法要を「涅槃会」と言います。涅槃とはお釈迦様の入滅を意味している言葉です。
入滅とは文字通り「滅に入ること」であり肉体の滅却であり「死」を意味します。
お釈迦様は悟りを開かれ、その後四十五年に渡って、人々に教えを説く為に旅を続けられました。その間、多くの人びとがお釈迦様の教えに導かれ、お弟子や信者となっていきました。その伝道の旅の最後の地となったのは、クシーナガル(英語:Kushinagar)でした。お釈迦様はご自分の死期を感じ、弟子たちに最後の説法をされました。「私の亡きあとは、私ではなく自分自身をより所として、また私が伝えた教えを、闇を照らすともしびとして、歩んでゆきなさい」お釈迦様は個人崇拝の対象となることを否定され、弟子一人ひとりが確かに、自立して進むことを求めたのでした。そして「もろもろの存在は変わりゆく。怠らず精進しなさい。」という最後の言葉を残し、静かに息をひきとったのでした。お釈迦様のご命日である涅槃会の日には、全国各地の寺院でお釈迦様の最後の様子を描いた「涅槃図」をかけて、そのご遺徳をしのぶ法要が行われます。

 

交通のご案内

●電車をご利用の場合

京王高尾線「山田駅」より徒歩6分。

  • 高尾方面よりお越しの方 上り「北野・新宿方面」行
  • 新宿・調布・府中方面よりお越しの方 下り「高尾山口方面」行
  • JR中央線「八王子駅」よりお車で10分。

●バスをご利用の場合

京王八王子駅、JR八王子駅南口より

  • 京王バス〈八62〉山田駅経由 「上大船駅」行 〈八64〉山田駅経由 「東京家政学院」行 「南山田バス停」下車徒歩4分。

●タクシーをご利用の場合

  • JR八王子駅南口又はJR西八王子駅南口より「山田町の雲龍寺」とお伝え下さい。

●お車をご利用の場合

中央自動車道八王子 IC第2出口より10分

  • 【国道20号線甲州街道より】日野市・八王子市方面からお越しの方 「八幡町」交差点を南下して相模原方面へ。
    京王高尾線「山田駅」を過ぎて約400m先の「八王子市斎場東」を右折、250m先の右手が当墓苑です。
  • 【国道16号線東京環状より】多摩市・神奈川県相模原市方面からお越しの方 「片倉町」交差点より北野街道を
    西へ進み、高尾方面へ。2km先の「小比企町」を右折、400m先「八王子市斎場東」を左折、250m先の右手に位置します。
曹洞宗天海山雲龍寺

住 所:東京都八王子市山田町1688-2

TEL:042-661-6617

FAX:042-661-4425

Copyright © 2013-2017 雲龍寺 All rights reserved.<