曹洞宗天海山雲龍寺
雲龍寺のご紹介

雲龍寺のご紹介

京王高尾線「山田」駅より徒歩6分の場所に雲龍寺五重塔が目印となっております。 雲龍寺は曹洞宗(禅宗)に属し、創建約430年で大本山は福井県永平寺町の永平寺と横浜市鶴見区の総持寺と二つあり、 このお寺は正親町天皇より紫衣と勅賜禅師号を賜った勅賜佛國普照禅師が開山(天正八年=1580年5月15日)しました。 本郷村の投込み寺といって、無縁貧困者の無付届寺として建立。明治に至って廃寺同然のところを「三十六世 足利正山」が 再興し、昭和20年第二次世界大戦の空襲で全焼。「三十七世 足利正明」が戦役から帰郷しただちに再建しました。

アクセスはこちら

室内墓地・永代供養墓のご案内

雲龍寺ではご家族の生活環境の多様化に伴いまして、室内墓(光明霊廟) 永代供養墓(光明観音堂)、墓園(光明霊園)と形態の違う墓地がございます。 八王子の地域の訪れる人々を優しく迎えてくれる墓地。 生活の行事とともにお墓参りすることは先祖を敬うこと。その習慣は過去か現在、そして未来へと引き継がれていきます。 心のふれあいを感じる大切な場所・・・ 雲龍寺がお守りいたします。

明珠閣のご紹介

明珠閣のご紹介

明珠閣は、すべての葬儀、法要、会食、宿泊ができる諸施設を備えており、厳粛な儀式であるご葬儀を安心して執り行うことができます。2階客殿では約100席ご用意できます。
お気軽にご利用ください。

葬儀・法要明珠閣